診療案内

*

歯周病治療

歯を失う原因の第一位は歯周病!

歯を失う原因の第一位は歯周病

*
歯周病は、歯のまわりの組織(歯肉や歯槽骨など)の病気で、プラークの中の細菌によって引きおこされる感染症です。
現在、日本人の30歳〜40歳代の内、なんと80%以上が歯周病にかかっていると言われており、
歯を失ってしまう一番の原因としてむし歯よりも多くの割合を占めています。
お口の中に細菌が蔓延・定着してしまうと炎症が生じて歯茎が赤く腫れ、
この炎症が続くと、歯の周りの組織(歯周組織)が破壊されて最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病は1本の歯だけにとどまらずお口の中全体に広がり、
血液や呼吸器内に入り込むことで全身疾患を引き起こしやすくなります。
痛みがないまま静かに進行してくため、痛みを感じたときにはすでに重症になっている、という非常に恐ろしい病気なのです。
歯周病の症状をチェック!
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする
  • 歯を磨いた時に血が出る
  • 口臭が気になる
  • 歯と歯の間に食べ物などが詰まりやすい
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする
  • 歯がグラグラと浮いているような気がする
  • 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る
  • 硬いものを噛むと痛んだり、噛みにくい

一つでも当てはまる方は、ぜひ一度歯科医院へお越しください!

歯周病と全身疾患

*
痛くなったら歯医者に行けばいい…そう軽く考えてはいませんか?
歯周病菌は口の中だけにとどまらず、血流にのって全身を回り、
糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・早産などを引き起こす原因になることがわかってきています。
しかし、歯周病を単なるお口の病気で深刻な病気ではないと考える方が多いのが現状であり、
歯周病を軽く考えてしまう認識が最も危険なのです。
  • 糖尿病

    糖尿病の人は健康な人に比べて歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多かったり、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという調査結果が報告されています。
    つまり、歯周病と糖尿病の関係は特に密接で、糖尿病を治療することで歯周病が、歯周病を治療することで糖尿病が改善される可能性がある相互関係にあるのです。
    当院では、糖尿病専門医と連携をとって歯周病治療を行っています。

  • 動脈硬化・心臓疾患

    動脈硬化の要因の一つとして、歯周病菌などの細菌感染が注目されています。
    歯周病菌が血流に乗って血管へ入り込み、その影響によって動脈硬化を引き起こす物質が出るというのです。また、それによってできた血管内の沈着物が血液の通り道を細くすることで血管が詰まりやすくなります。(心臓弁膜病の弁膜に付着する細菌は、口の中の細菌と同じです)心臓疾患の手術前の口腔ケアもお任せ下さい。

生まれてくる大切な赤ちゃんを守るために

生まれてくる大切な
赤ちゃんを守るために

妊婦さんが歯周病になっている場合、低体重児や早産を引き起こす可能性が高くなるという報告もあります。血中に歯周病菌が入り、胎盤を通して胎児に直接感染することが理由とされ、その危険率はアルコールやタバコ、高齢出産などよりもはるかに高い7倍ともいわれています。
歯周病は予防できる疾患ですので、生まれてくる元気な赤ちゃんのためにも、歯周病予防を行うことをおすすめします。

歯周病の予防と治療法

軽度歯周病(歯肉炎・歯周炎)の場合
*

スケーリング
歯や歯の根に付着した歯垢(プラーク)や歯石を、スケーラーと呼ばれる器具を用いて除去する治療方法です。歯石は歯垢が石灰化したもので、普段のブラッシングでは除去できません。スケーリングによって歯垢や歯石を徹底的に除去することで、歯周病の発生を防ぐことができます。

中度歯周病(歯周炎)の場合
*

ルートプレーニング
中度まで進んだ歯周病の場合、スケーリングでの歯石の除去に加え、ルートプレーニングと呼ばれる処置が必要になります。歯茎に隠れたさらに奥の見えない部分にある歯の根(ルート)に付いた歯垢や歯石、歯周病菌に感染した歯質などを特殊な器具で除去する方法です。歯や歯の根の表面がツルツルになり、歯垢や歯石など、汚れの再付着を防ぐ効果もあります。

重度歯周病(歯周炎)の場合
重度まで歯周病が進行している場合、スケーリングやルートプレーニングだけでは状態が改善されない可能性があります。その場合は、外科的な処置や、歯周病で溶けてしまった骨を回復させる歯周組織再生治療を行います。
歯周病に最も有効な治療法はズバリ「予防」です!
歯周病治療には様々な高度治療がありますが、どの治療法も予防には勝りません。ご自宅での毎日のケアや定期検診に通うなど、日々の予防を積み重ねることが重要です。
濱谷歯科医院では、歯科衛生士によるブラッシング指導や正しい食事の仕方などセルフケアのご案内をしているほか、予防に効果的なPMTCもおすすめしています。

予防について詳しく見る

  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • スタッフ募集中!
  • お仕事体験など開催 イベント情報
  • 院内新聞

ページトップ