診療案内

*

一般歯科

一般歯科
なるべく痛くない・削らない・抜かない・神経を残す治療
「むし歯になってしまったら、削って丈夫な被せ物や詰め物をすれば治る」
そうお考えの方も多いのではないでしょうか?
実は、歯は一度削ってしまうと元には戻りません。被せ物や詰め物で歯が強くなった気がしても、実際は削れば削るほど、天然歯の寿命はもろく短くなってしまい、ミクロの隙間からむし歯菌が入り込むことで再びむし歯になることを繰り返し、最終的に割れてしまいます。
そこで、濱谷歯科医院ではなるべく削らない・抜かない・神経を残す治療に取り組み、MI(Minimal Intervention=最小限の侵襲)という考えの元に、天然歯を残すことに努めています。
お口の健康診断
*

「痛くなってから歯医者に行く」のではなく「痛くなる前に歯医者に行く」ことを心がけ、定期的にお口の健康チェックを行いましょう。
当院では、X線撮影や口腔内写真撮影、歯周精密検査などの基本的な検査に加えて、むし歯や歯周病の原因とリスク(なりやすさ)が分かる唾液検査や、口腔がん検診なども行っています。

*

また、診断結果をファイリングした「歯の健康ノート」も発行し、継続したお口の健康管理に役立たせております。
お口の健康診断をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

小児歯科

小児歯科
大切なお子様をむし歯から守るために
乳歯のむし歯治療や予防、永久歯への生え変わりや噛み合わせチェック、歯みがき指導など、お子様のお口の健康を守るための処置を適宜行っています。
子供がむし歯になるのは、むし歯を持つご両親や周囲の大人の方が口をつけた箸やスプーンでお子様に食事を与えたり、硬いものを噛み砕いて与えることなどで、お子様にむし歯菌がうつることが原因だと言われています。
特に歯の生え替わり時期は抵抗力を持たない生えたての歯がむし歯になりやすいため、大切なお子様のお口を絶えずケアしてあげることを心がけましょう。
小児歯科
生涯にわたって健康なお口を維持するためにも
実際に、12歳までに被せ物・詰め物をした歯は60歳までに失ってしまうというデータや、ある一定の時期までむし歯に感染しないと大人になってもむし歯になりにくい・一生むし歯にならない確率が高くなるというデータが報告されていることからも、まずはお子様を含めご家族揃って定期検診・メンテナンスを受けお口を清潔に保つことが大切です。
当院では、小さなお子様からご家族も快適に、安心して通っていただけるような医院づくり・取り組みにも尽力しております。
早速、町田市の濱谷歯科医院で親子で歯のケアを始めませんか?
  • *
    キッズルーム完備
    お子様が待ち時間も楽しく過ごせるよう、絵本や漫画、おもちゃなどを備えたキッズルームを完備しています。
  • *
    女性医師が在籍
    お子さまの治療や対応を得意とするベテランの女性医師が在勤。女性医師ならではの優しい治療で対応いたします。

審美歯科

審美歯科
被せ物・詰め物と歯の隙間はミクロの世界!
新しく銀歯を入れて初めて噛んだ時、「あれ?」と違和感を覚えたことはありませんか?これは、歯が「ミクロ」の隙間を感じているからです。
この「ミクロ」ってどのくらい小さいかご存知ですか?
実は、1ミクロンは、1mmの1000分の1なんです。
まさか歯がこんなにも小さなミクロを感じているとは信じられないですよね。
一つ例にあげてみると、髪の毛が歯に詰まったら、「あれ?おかしい」って思いますか?普通の髪の毛は、80μm(ミクロン)だと言われています。歯にはさまったら違和感がありますよね。
なぜこのように歯がミクロを感じるかというと、歯には「歯根膜」というセンサーがあり、それが食べ物の固さや厚みを瞬時に認識するため、数ミクロンの厚さでも違和感を感じることができるそうなんです。
審美歯科
合わない被せ物・詰め物の隙間からむし歯菌が侵入!?
治療していない歯と違い、詰め物や被せ物にはどうしてもミクロの隙間ができてしまいます。
むし歯を治したのに、なぜかまたそこからむし歯になったという経験、ありませんか?
お口の中には、300種類以上1000〜6000億個もの細菌が住んでおり、その菌の大きさは0.5〜10μm(ミクロン)。不適合な被せ物や詰め物、ブリッジの隙間が10μmもあれば、そこからむし歯菌が侵入してむし歯の再発を引き起こすのです。
  • *
  • *
審美歯科

当院での治療はできるだけピッタリを目指していますが、一般的な保険の被せ物・詰め物と歯の間には、50μm(ミクロン)ほどの誤差が出ると言われています。
一方、自費の被せ物のゴールドやメタルボンドで使われている金属は、廷性・展性(※)に優れているので誤差が少なく、2次的なむし歯になりにくいという特徴があります。
また、ある報告によると、保険の被せ物・詰め物の寿命は2.8年、自費の被せ物・詰め物の寿命は8年で、さらにメンテナンスを受けている自費の被せ物・詰め物の寿命は19年を超えるという結果も出ています。
被せ物・詰め物を長持ちさせて、良い状態で永く快適な人生を送るためにも、メンテナンス・定期検診を受けることをおすすめします。

※延性:破壊されることなく薄い箔に広げられる性質
※展性:物体がその弾性の限界を超えても破壊されずに引き伸ばされる性質

予防・メンテナンスを受けましょう

ホワイトニング

ホワイトニング
歯を削らずに白くしたい…歯の色が気になる…とお悩みの方へ
ホワイトニングとは、専用の薬剤を使ってエナメル質と象牙質の境界部分に蓄積した着色を漂白することによって、歯を削らずに白くする天然の歯にやさしい審美治療です。
より安全で確実な効果を得るために、まずはお口の中を診査。むし歯や歯周病があった場合は治療し、健康な状態にしてからホワイトニングを行います。
濱谷歯科医院では、ご自宅で手軽に、好きな時間に行えるホームホワイトニングを取り扱っております。まずはお気軽にご相談ください。

口腔外科

口腔外科
お口や顎(アゴ)に関する症状でお困りの方へ
口腔外科では、お口の中のできものや怪我など、むし歯や歯周病とは異なる疾患(病気)での外科的治療を行っています。濱谷歯科医院では主に、「埋伏歯(親しらず)の治療」「顎関節症」「転倒などによる歯の破折・口の中の裂傷」「口腔粘膜疾患(口内炎)」などの治療を行っています。
お口や顎に関して気になることや心配なこと、お困りなことがある場合はまずは症状や状況を詳しくお聞かせください。詳細に検査した後に、最善の治療法を提案させていただきます。
顎関節症の症状をチェック!
  • 物を噛むと、こめかみや耳の付け根が痛い
  • 食事や会話の際に顎がだるくなる
  • 口を大きく開けて、指が縦に3本入らない
  • 口の開閉時に「ガクン」と音がする

上記の症状でお困りの方は、顎関節症の疑いがあります!

インプラント

インプラント
歯を失っても快適に過ごせるように
インプラント治療は永久歯に代わる「第三の歯」と呼ばれており、人工の歯根(=インプラント)を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯(被せ物)を装着するご自身の歯を失ってしまった方のための治療法の一つです。
骨に固定するためガタつきがなく、ご自身の歯と色・形状を合わせた被せ物が製作されるので、自分の歯のようにしっかり噛めて、見た目も天然の歯のように美しいといった特徴があります。
入れ歯のようにズレたり合わなくて痛むといったことがなく、周囲の歯にも負担をかけることがありません。
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • スタッフ募集中!
  • お仕事体験など開催 イベント情報
  • 院内新聞

ページトップ